座布団が行司にクリーンヒット

九州産馬、佐賀競馬、地方競馬、アビスパ福岡を応援しています

鹿児島の牧場めぐり

全国的な不景気、それによる地方競馬の廃止……。その影響は九州の牧場にも大きな影を落としていました。
これまで生産をされていた牧場が次々とやめて行っています。
特に顕著なのが鹿児島、いや九州の馬産の中心地とも言える大隈半島の地域、鹿屋です。
多くの牧場が育成牧場にシフトしていますが、その育成も最近頭数が集まらなくなっていっている状況。
そして後継者不足。後継者、および若い方たちの新規生産牧場の開拓が急務となると思います。
それでもなんとか生産を続けようと気を吐く人たちがいます。行ってきました鹿児島県。

鹿児島県の牧場

多くの牧場が集積しているのが大隈半島の鹿屋地区、そして九州種馬場のある大崎地区。
海岸調教で有名な志布志湾沿いには育成牧場がありますので見学する時はここが中心になるのかなぁ。
鹿児島空港付近から鹿児島市にかけても牧場が点々と(協和牧場や徳重牧場)。個人的にはこちらもオススメ。
そして鹿児島県の西海岸、吹上浜沿いにいくつかあるそうです。こちらも一度行ってみたいなぁ。

今回訪問できなかったところ

テイエム牧場さんや田原牧場さんは見学不可ということで断念。ま、仕方ないですね。
坂東島さんの牧場は「今はたぶん北海道に行ってるからいないと思うよ」と教えられたので中止。
吉永牧場はぴぴすけさんにお話を伺ってまして、種牡馬になっているカオリハイパーを見たりしたかったのですが
折しも吉永正人調教師が亡くなったばかり。実家である吉永牧場さんは今ちょっと色々とお忙しかったり、
不幸のあった直後に訪問するのもちょっと失礼かな……と思ったので、今回は控えました。また今度行きたいです。
鹿児島大学馬術部にも行きたかった。しかし見学可能かどうかも分からず、まずは調査してからかな、と。
ここにはマークオーのほか、ビコーミニスター、シロキタスパート、トウカイオーザなどが在籍しているらしい。