座布団が行司にクリーンヒット

九州産馬、佐賀競馬、地方競馬、アビスパ福岡を応援しています

熊本の地から全国へ 「本田土寿牧場」

1日目に本田場長に連絡を入れた所、残念ながら出先らしくお会いすることができませんでした。
それでも見学だけさせてもらいましたが、2月に来た時に建設中だった馬房がしっかり完成していましたね。
こちらにはメガスターダムデュラブグレートサンなどの種牡馬がいます。
さらに1歳馬と思しき幼馬も。しかしどれがどれだか、何の産駒なのか分からない(苦笑)
馬具も何もつけていない状態だと毛色くらいしか見分ける方法が無いもんだからなぁ。
ということで後日また来ることに。本田場長ともお話をしてみたい。


そういうわけで本田さんがいるのを確認してもう一度訪問しました。
本田さんは常に動き回ってる人で、どこかに馬を見に行っているか、牧場で何かを作っているかなんですよ。
この日も新しくできた馬房をさらに改築しているところでした。全部手作りなんだもんなぁ。


マイネルマリクに関しては「これも競馬だから仕方ない、そう思わないと」とおっしゃってました。
気持ちを切り替えてまたいい馬を生産するしかないですよね。
メガスターダムの初仔が北海道のセレクションセールで売れたことの話もしていただきました。
やはりあれは間違いなく松永幹夫厩舎に入るようです。今はノースヒルズで育成中とのこと。
ノースヒルズだけでなく他の方たちも競ってくれて値段がどんどん上がってくれた、とうれしそうでした。
本田さんの影響もあり熊本に新規の牧場が増えていることに関しては、ご自身は謙遜されてましたが
本当にかなりの影響を及ぼしているのだと思います。これからも九州生産者の先鋒として頑張ってほしいです。


メガスターダムともご挨拶。私が近づいても「我関せず」って感じでしたね。
その後、仔馬たちと遊んでいると、本田さんに呼ばれて馬房改築のお手伝いをすることに。
…と言ってもナットをはめるくらいの作業ですけどね。少しだけでも貢献できて良かったかな。
後でそこだけ壊れた・・・なんてことにならなきゃいいけど(笑)

注目の1歳馬

カシワズテーストの2005(http://db.netkeiba.com/horse/2005109086/

アスカヘイローの半弟でタイキファイヤー産駒。意外とこういうのが活躍したりして。