座布団が行司にクリーンヒット

九州産馬、佐賀競馬、地方競馬、アビスパ福岡を応援しています

たんぽぽ賞トライアルの2戦 枠順確定

ノカイドウ特別
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/DebaTable?k_raceDate=2013%2f01%2f14&k_raceNo=9&k_babaCode=32
ヤマキリシマ特別
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/DebaTable?k_raceDate=2013%2f01%2f14&k_raceNo=10&k_babaCode=32
1月14日(祝月)に佐賀競馬場で行われる、たんぽぽ賞トライアルのノカイドウ特別とミヤマキリシマ特別の出走馬です。
同日に中央の開催もあるため、JRA騎手の参戦は怪我から復帰したばかりの佐久間寛志騎手のみ。
かつては1週毎に行われていたトライアルですが、佐賀競馬移行に伴い同日開催になっています。
日曜日はI-PAT発売がありますが、月曜日のこの日は発売されないんですよね…。JRA交流競走のように、
JRAのお客も手を出しやすい、こういうレースこそPAT発売するようにすればいいのでしょうけどねぇ。


ノカイドウ特別 予想
テイエムイッキュウ
○エンブレムゴール
エスペランサ
△カシノコゴロウ
×アーカーシャ
☆クロヅル
注アイジョウイッパイ
登録段階では名前があったカシノフランキーが回避し、補欠のカシノハートフルが繰り上がっています。
佐賀ではやはり先行力のある馬が有利ということで、テイエムチュラサンの仔テイエムイッキュウを本命に。
復帰した佐久間騎手への応援の意味も込めて。先行力だけなら上かもしれないエンブレムゴールが対抗。
地元佐賀勢ではエスペランサが筆頭か。ひまわり賞4着の実績があるJRAからの移籍馬で、移籍初戦は2着と上々。
末脚確実なカシノコゴロウは山口勲騎手を確保。母ベルガモットシールは2003年にこのレースを勝っています。
佐賀アーカーシャは1750mでは散々だが、1400m以下では堅実。距離が伸びるとダメなのだろう。
新馬戦を勝ちひまわり賞に出走したクロヅルは近走不振だったが、前走九州産馬限定・鹿屋特選で2着と復調傾向。
不気味な存在なのが兵庫から参戦のアイジョウイッパイ。佐賀で短期騎乗中の内田利雄騎手というのも不気味。
ノカイドウ特別は過去にも地方馬の勝利が何度もあり、2着3着も多く、地方馬だからと切るのは危なそう。


ヤマキリシマ特別 予想
◎キュウシュウソダチ
テイエムハエモンド
▲カシノロビン
△カシノソラーレ
×フミオー
注ヘイタテオー
登録段階では名前のあったカシノサトラップは回避して中山へ、補欠のカシノスペルが繰り上がっています。
ノカイドウ特別よりも軸になりそうな馬がおらず混戦模様だが、2走前の内容が良かったキュウシュウソダチから。
前走の大敗が気になるが、夏の小倉では先行して好走していたテイエムハエモンドを2番手に。
カシノロビンは上がり最速経験が2回ある追い込みタイプ。カシノソラーレは初ダートで新味を見せたい。
兵庫のフミオー、地元佐賀のヘイタテオーの「語尾がオー」コンビがJRA上位独占の一角崩しを狙う。