座布団が行司にクリーンヒット

九州産馬、佐賀競馬、地方競馬、アビスパ福岡を応援しています

たんぽぽ賞 過去のデータと傾向

1勝以上している馬

過去の勝ち馬はトライアル含め1勝以上している馬がほとんど。
未勝利馬の勝利は2007年テイエムジカッド、2014年テイエムボッケモンなど。
テイエムボッケモンは前走中京ダート1800mで2着に入っていた。未勝利馬でも3着以内に入ることはある。

基本は先行馬だが

荒尾時代からのデータであるが、佐賀競馬場に開催場が移ってからも完全に先行有利というわけではない。
先行馬が前崩れで差し・追い込み馬が台頭する年度も。マクれる脚は必要。

鹿児島県産馬が強い

過去14年で鹿児島産馬9勝、宮崎産馬3勝、熊本産馬2勝。
ただし2019年度に限っていえば出走馬のうち9頭が熊本産のため、今年はさすがに熊本産馬有利。

栗東所属馬が有利

たんぽぽ賞が小倉開催から地方競馬に移行してから関東馬は2勝。地方勢は4勝。
以前は美浦所属の九州産馬が少なかったことが要因と言えるが、基本的には関西馬有利。

トライアル勝利よりJRAでの勝利?

過去13年でたんぽぽ賞トライアルのノカイドウ特別・ミヤマキリシマ特別から連勝した馬は5頭。
別路線組、夏の小倉好走組を選んでみるのも手。2・3着にはトライアル組もよく来ている。

長期休み明けはマイナス

夏の小倉以来の競馬となる出走馬も出てくるが馬券に絡む例は多くはない。

JRA騎手でも信用

JRA交流競走は地元騎手を起用して成功する例が多いが、たんぽぽ賞ではJRA騎手も結果を出している。

九州外種牡馬が有利だが

過去11年で複数勝利している父はテイエムオペラオー3勝、ダンツシアトル3勝、マーベラスサンデー2勝。
九州繋養種牡馬ダンツシアトルスクワートルスクワート)は合計4勝と頑張ってはいる。

冠名付きの馬が強い

カシノ、テイエム、クラウン、クリノ、コウユーなど冠名のある馬が勝つことが多い。


出馬表|地方競馬全国協会公式WEBサイト

グレイトパールが佐賀移籍後の2戦を圧勝 佐賀記念へ駒を進める

平安S・アンタレスS勝ちのグレイトパールが佐賀に移籍 - 座布団が行司にクリーンヒット
佐賀所属のグレイトパール、佐賀記念へ向けて順調な仕上がり!|地方競馬元ジョッキー 赤見千尋のRedView|地方競馬ならオッズパーク競馬

この馬は5つギアを持っているのではないかと思うのですが、初戦は3つくらい、2戦目は4つ目くらいまで使ったのではないかという印象です。今回は相手が強いですから、トップギアまで使うことになると思います。

中内田充正調教師のおじいさんの頃から佐賀・川田厩舎とは繋がりがあり、
川田将雅騎手は中内田師の実家である信楽牧場へ遊びに行くほどの間柄だったとのこと。
今お二人は強力なタッグを組んでJRAで活躍をされています。


その縁で元の馬主であるH.H.シェイク・ファハド氏と中内田師から川田騎手を経由して、
川田調教師に打診があり、現馬主である高野哲オーナーに話が来たという流れのようです。


移籍初戦の1400m周防灘特別、2戦目の2000m雷山賞でもまだ全てのギアを使っていなかったという。
そんな状態で前走はスーパージェット以下中島記念出走組に完勝したとなると今回期待が高まります。
あそこまで差をつけて勝たれると佐賀競馬ファンとして複雑な思いが無いではないのですが、
これまで佐賀には実績があって能力を残したまま移籍してくる馬があまりいませんでした。
今回グレイトパールの移籍が佐賀に刺激を与えてほしいですね。
そして少しずつでいいのでレースレベル全体の底上げになってくれればと思います。

佐賀記念 過去のデータと傾向

馬場状態 1着 2着 3着
01 やや重 6枠6番ミツアキサイレンス笠松 1枠1番ハギノハイグレイドJRA 7枠9番トーホウダイオー(JRA
02 6枠8番ミツアキサイレンス笠松 2枠2番マンボツイストJRA 1枠1番イエロードリーム(新潟)
03 やや重 7枠9番エアピエール(JRA 5枠5番クーリンガーJRA 1枠1番ミツアキサイレンス笠松
04 2枠2番クーリンガーJRA 4枠4番オペラキッス(佐賀) 1枠1番ミツアキサイレンス笠松
05 2枠2番マルブツトップJRA 6枠7番クーリンガーJRA 8枠12番ブラックコンドルJRA
06 8枠10番マイネルボウノットJRA 7枠8番ドンクールJRA 6枠6番オンユアマーク(佐賀)
07 4枠4番サイレントディールJRA 5枠6番クーリンガーJRA 8枠11番キングスゾーン(愛知)
08 3枠3番チャンストウライ(兵庫) 6枠8番クーリンガーJRA 8枠12番マコトスパルビエロJRA
09 5枠6番スマートファルコンJRA 8枠11番ロールオブザダイスJRA 6枠8番クリーン(JRA
10 不良 2枠2番ラッシュストリートJRA 8枠10番フサイチピージェイ(JRA 8枠11番ロールオブザダイスJRA
11 やや重 5枠5番メテオロロジストJRA 7枠9番アドマイヤスバルJRA 7枠10番セレスハントJRA
12 不良 3枠3番ピイラニハイウェイJRA 6枠6番タカオノボル(JRA 4枠4番マイネルアワグラスJRA
13 やや重 7枠9番ホッコータルマエJRA 3枠3番エーシンモアオバーJRA 1枠1番キングスエンブレムJRA
14 やや重 6枠8番ランフォルセJRA 1枠1番ソリタリーキングJRA 4枠4番ナムラタイタンJRA
15 やや重 6枠8番マイネルクロップJRA 7枠9番ソリタリーキングJRA 5枠5番ダノンカモンJRA
16 8枠11番ストロングサウザーJRA 7枠8番マイネルクロップJRA 3枠3番クリノスターオーJRA
17 不良 6枠6番ロンドンタウン(JRA 2枠2番タムロミラクル(JRA 7枠9番ストロングサウザーJRA
18 やや重 1枠1番ルールソヴァール(JRA 5枠5番トップディーヴォJRA 7枠10番マイネルバサラ(JRA
近年はJRA勢が有利

ダートグレード重賞となってからも地方馬がよく馬券にからむ交流重賞だったが、
ここ10年はJRA勢が3着まで独占。

真ん中くらいの枠がいい

最内・大外枠の連対率はそう高くない。特に1枠馬の勝利は2001年以降は2頭だけ。
大外8枠12番の勝利もない。それ以外は枠によってそこまで大きな不利はない。

リピーターレース

最近ではソリタリーキングが連続で2着に入っているほか、
ロールオブザダイスクーリンガーミツアキサイレンスなどが複数年度に渡って好走。
ただし連覇はミツアキサイレンスのみ。

人気順 斤量 1着馬の位置取り 2着馬の位置取り 3着馬の位置取り
01 2、1、3 57、56、56 [8.8.8.6] [3.3.2.2] [6.5.3.3]
02 2、1、11 58、56、55 [6.6.2.2] [5.5.1.1] [4.3.3.3]
03 4、3、2 55、57、57 [3.3.3.1] [2.2.2.2] [5.6.5.5]
04 1、4、7 57、56、58 [3.3.1.1] [9.9.7.5] [6.4.5.3]
05 3、2、1 56、57、56 [1.1.1.1] [3.3.2.2] [5.5.3.3]
06 1、3、5 56、58、56 [2.2.2.1] [6.5.3.3] [1.1.1.2]
07 4、1、6 57、57、56 [7.7.1.1.1.1] [3.3.4.2.2.2] [4.4.5.6.6.6]
08 2、5、1 56、57、56 [9.7.8.7.2.1] [3.3.4.4.3.3] [1.2.1.2.1.2]
09 1、3、2 58、56、56 [1.1.1.1.1.1] [3.3.3.3.2.2] [2.2.2.2.3.3]
10 3、2、1 56、56、57 [1.1.1.1.1.1] [2.2.2.2.2.2] [4.4.4.4.3.3]
11 2、1、5 55、57、57 [1.1.1.1.1.1] [2.2.2.3.3.2] [3.4.4.5.4.4]
12 6、3、5 56、55、57 [1.1.1.1.1.1] [3.3.3.3.2.2] [2.2.2.2.3.3]
13 1、2、3 56、58、57 [2.2.2.2.2.1] [1.1.1.1.1.2] [3.3.3.3.3.3]
14 3、1、4 58、58、57 [7.7.6.6.6.3] [5.4.3.4.5.4] [2.2.2.2.3.4]
15 1、2、3 56、58、57 [6.4.3.3.3.1] [4.5.5.5.5.2] [1.1.1.1.1.3]
16 4、3、2 56、57、57 [5.6.6.6.5.3] [6.5.5.5.4.2] [2.2.2.3.3.4]
17 1、2、3 55、56、57 [2.2.2.2.2.1] [5.4.3.3.3.3] [6.7.6.6.6.5]
18 1、2、3 56、56、58 [6.7.7.4.2.1] [10.6.6.6.4.3] [3.3.2.1.1.2]
人気馬は順当

02年のイエロードリーム以外はほぼ7番人気以内での決着。
1着、2着は6番人気以内で決まっている。
地方馬も基本的には上位人気馬が来ている。

先行有利、差し馬はマクれるかどうか

先行馬有利、差し馬もさすがに最後方からでは届かないので道中は中段付近につけておきたい。
基本的には先行有利で行った行ったが多いが、先行勢総崩れで差し馬台頭の年度も。
差し馬はマクれるかどうかが鍵。2周目向正面から3コーナーにかけてスパートできる馬。

馬齢

4歳…5勝、5歳…8勝、6歳…1勝、7歳…3勝。
なぜか6歳馬がほとんど来ないデータがあったが昨年はワンツー。
2着3着を見ても5歳馬は全体的に活躍しており、
次に4歳・7歳馬、2・3着に8〜9歳馬がよく来ている。

斤量

満遍なく好走しているが勝ち馬は55kg、56kgが多い。

1着、2着、3着馬の騎手 1着馬の前走 2着馬の前走 3着馬の前走
01 川原正一デムーロ藤田伸二 2500m東海GC・1着 1800m平安S・2着 1800m平安S・3着
02 川原正一武豊、宮下康一 2500m名古屋GP・1着 1800m平安S・2着 2100m川崎記念・9着
03 武豊和田竜二川原正一 1800m平安S・9着 1800m平安S・2着 2500m名古屋GP・3着
04 和田竜二山口勲、東川公則 1800m平安S・2着 1400m A2戦・2着 2500m名古屋GP・10着
05 安藤勝己和田竜二武豊 1800m平安S・13着 1800m平安S・5着 1800m平安S・2着
06 後藤浩輝福永祐一、安東章 1800m平安S・8着 1800m平安S・13着 2000m由布岳特別A1・1着
07 武豊和田竜二安部幸夫 芝2400m日経新春杯・11着 1800m平安S・11着 2100m報知AC・5着
08 下原理、和田竜二、川野幸治 2500m名古屋GP・3着 2500m名古屋GP・6着 1800m平安S・3着
09 岩田康誠デムーロ武豊 1400m兵庫GT・1着 1800m平安S・11着 1800mゴールデンスパーT・1着
10 武豊デムーロ岩田康誠 1800m招福S・1着 1800m師走S・3着 1800m平安S・3着
11 武豊小牧太福永祐一 1800mサンタクロースS・1着 2000m東京大賞典・4着 1400m大和S・4着
12 川田将雅武豊柴田大知 1800m平安S・13着 1800m平安S・16着 2100m川崎記念・4着
13 幸英明岩田康誠福永祐一 1800m東海S・3着 2500m名古屋GP・10着 2500m名古屋GP・1着
14 戸崎圭太福永祐一太宰啓介 2100m川崎記念・4着 1800m東海S・9着 1800m東海S・10着
15 丹内祐次福永祐一川田将雅 1800m東海S・7着 2500m名古屋GP・5着 1800mチャンピオンズC・16着
16 田邊裕信、丹内祐次幸英明 1800m東海S・8着 2000mベテルギウスS・7着 1800mチャンピオンズC・15着
17 川田将雅デムーロ、田邊裕信 1800m東海S・7着 1800mポルックスS・3着 2500m名古屋GP・5着
18 幸英明横山典弘柴田大知 1800mベテルギウスS・1着 2500m名古屋GP・2着 1800mベテルギウスS・4着
休み明けは×

好走馬はすべて12月終わりから1月にかけてレースを消化しており、
長期の休み明けは不安材料。

前走距離は1800m以上がベター

短距離からの転戦はあまり成績がよくない。

前走着順は気にしない

重要なステップだった平安Sが時期移行し、代わりに同時期に東海Sが入ってきた。
そのほかは名古屋グランプリ組。
前走着順が悪くてもコース替わりで巻き返せるのでそこまで気にしなくていい。
とはいえ2走・3走前あたりの近走は好走している馬の方が望ましい(例外:ピイラニハイウェイ)。
準オープンやオープンクラスからの上がり馬も十分に狙えるが、
意外にも前走OP特別からの勝利馬は多くない。
昨年ルールソヴァールが初めてOP競走ベテルギウスSから勝利している。

外国人騎手

佐賀の地方交流重賞佐賀記念サマーチャンピオン)では未勝利。
馬券圏内には来るのだが。


出馬表|地方競馬全国協会公式WEBサイト
◎ヒラボクラターシュ
○グレイトパール
▲テーオーエナジー
△キクノソル
×エイシンニシパ


気になるのが1枠1番に入ったテーオーエナジーの存在。
昨年のルールソヴァールは同枠から勝利しているが、
先行勢が崩れたこと、控えてマクリに徹したことが功を奏した。
しかしテーオーエナジーは先行脚質。先行出来たとしても
後続から常につっつかれて包まれやすい最内枠は不安が残る。
それならば同じ4歳馬でも中程の枠から競馬がしやすいヒラボクラターシュを本命にしたい。
昨年の岩手リーディング山本聡哉騎手への乗り替わりはプラスになると思う。
中央時代からマクる脚が武器だったグレイトパールはここでも勝負になる。
鮫島克也騎手は狙っているだろう。
昨年4着だった兵庫キクノソルは立ち回り次第で上昇可能。
はがくれ大賞典で佐賀重賞制覇の経験あるエイシンニシパも怖い。

九州産馬 先週の結果&今週の出走予定

先週のテイエムヒッタマゲは13着でした。
障害でも真価を発揮するのは叩かれてからでしょう。


今週2歳はカシノグルー、スカートフワリ、カシノグランプリ。古馬はニコルハイウェイが出走。
今週から冬の小倉開催開幕でここに合わせて出走してきた馬たちですね。

九州産馬 先週の結果&今週の出走予定

先週走ったニコルハイウェイは17着でした。
昨年暮れに栗東の寺島良厩舎から美浦的場均厩舎に転厩していたようですね。


今週は中京障害未勝利戦にテイエムヒッタマゲが出走します。騎乗するのは高田潤騎手。
コウユーヌレエフが障害で初勝利を挙げましたし、こちらも続いてほしいです。

九州産馬 先週の結果&今週の出走予定

先週はすべて2歳馬の出走でした。
キリシマダイキチ16着、コチョウジュニア10着、クリノマレンゴ16着、ウマカモン16着、ダンツブライト7着。


今週は古馬のニコルハイウェイが出走。昨夏の霧島賞以来休み明けとなります。


はてなダイアリー」と「はてなブログ」の仕様の違いに戸惑っています。
できればダイアリー時代のように複数記事を1日毎にまとめたいのですがそういう機能は無いようですね……他にも以前より自由度が下がった感じで四苦八苦。慣れるしかないかなあ。

田子ノ浦部屋宿舎 園田競馬場に移転

 昨年まで使用していた大阪市港区の宿舎から移転を考えていた田子ノ浦親方が、同郷の鹿児島県出身で親交のある、JRA所属の小牧太騎手から紹介を受けたもの。宿舎となる場所は場内東側(第4投票所)の一部で、フードコートなども利用可能。朝稽古の時間帯には調教もあり、春場所期間中も昼は通常のレースが開催されるという。

https://www.daily.co.jp/general/2019/01/18/0011988788.shtml

競馬場で稽古。馬のいななきに、荒磯親方も熱くなりそうだ。
 同親方は中学時代から故郷・茨城県にある日本中央競馬会(JRA)の美浦トレーニングセンターで馬の姿を見て、リラックスしてきた。茨城・龍ケ崎市立長山中時代の同級生の小桧山(こびやま)聡平さん(32)=調教助手=の父、小桧山悟調教師(64)が厩舎(きゅうしゃ)を運営していたことが縁で、サラブレッドが駆け抜ける美しさに早くから魅せられた。

https://www.sanspo.com/sports/news/20190118/sum19011805050001-n1.html

園田競馬場の第四投票所はメインスタンド耐震工事終了後の今年初めから閉鎖されているようです。宿舎受け入れの為だったのかも。
引退したばかりの荒磯親方(元横綱稀勢の里)現役時代の私設後援会会長は小桧山悟調教師。大相撲と競馬は何かと関りがありますね。

はてなブログに移行します

現在使用している「はてなダイアリー」の終了に伴い「はてなブログ」へ移行します。
2005年5/23から長期に渡りお世話になりました。「はてなダイアリー」今までありがとう。


ブログは続けますので今後ともよろしくお願いいたします。
http://d.hatena.ne.jp/wao_o/ → https://wao-o.hatenadiary.jp

九州産馬情報

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。


12/28:コウザンハリマオ18着
1月1週:出走なし
1月2週:テイエムフガエゾ6着


今週はキリシマダイキチ、コチョウジュニア、クリノマレンゴ、ウマカモン、ダンツブライトが出走します。
2歳馬がたんぽぽ賞に向けて一斉に動き出しました。果たして出走権を得るのはどの馬になるのでしょうか。

佐賀競馬場から競走馬が逃げ出す

佐賀競馬場で放馬事故が発生した件について|佐賀競馬

13日の午前5時25分頃、佐賀競馬所属のスレイベル(牝3、頼本盛行厩舎)が角馬場にて調教中に、調教師を振り落とし放馬。厩舎地区のフェンスを乗り越えて場外に逃走した。午前6時15分頃、スレイベルは近くの市道を通行していた軽乗用車に乗り上げ、フロントガラスを損壊した。運転していた男性にけがはなかった。午前6時45分頃、スレイベルは競馬場から約170m離れた市道で、調教師によって確保された。
 佐賀競馬組合は今後、原因を究明するとともに、再発防止に取り組んでいくとのこと。

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=148368

厩舎団地の東側2mのフェンスを乗り越え、さらに法面を駆け下りて逃走したようですね。
ニュース映像で見た限りではツタがフェンスに生い茂っていて普段はほとんど人手が入っていないように見えました。
8年前にも馬が外へ逃げたことがあったそうで。再発することがないようお願いしたいですね。

日刊スポーツ杯 第34回 中島記念(ファン投票選抜)枠順確定

第34回中島記念ファン投票投票結果発表 第1位はウルトラカイザー号!|佐賀競馬
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/DebaTable?k_raceDate=2018%2f12%2f23&k_raceNo=12&k_babaCode=32
ファン投票1位に輝いたのはウルトラカイザー。昨年ホッカイドウ競馬から佐賀に復帰しました。
10歳になりますが衰えは感じさせず今年は吉野ケ里記念、佐賀オータムスプリントを制しています。
1400mがベストですが1800mまでならこなしてくれるでしょう。今年も勝ち負けになると思います。
そのほか九州大賞典を勝ったスーパーノヴァ、佐賀スプリングカップ勝ち馬キングプライド、
中島記念4連覇を目指すキョウワカイザー、今年の佐賀3歳馬筆頭スーパージェットなど素晴らしいメンバーが揃っています。

九州産馬情報

先週と今週はJRAでの出走がありませんでした。


佐賀競馬場で行われたたんぽぽ賞トライアル2戦の結果。
ノカイドウ特別はエリーバラードが勝利。
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2018%2f12%2f11&k_raceNo=8&k_babaCode=32
実績上位のエリーバラードが1番人気に応え先行策から押し切り。テイエムフガエゾもよく頑張りました。


ヤマキリシマ特別はカシノウィングが勝利。
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2018%2f12%2f11&k_raceNo=9&k_babaCode=32
藤田菜七子騎手が最内をロスなく回り逃げ切り勝ち。本番でも騎乗してくれるでしょうか。
4角でカシノホルスとテイエムアイガテが外からマクって伸びてきましたが
テイエムアイガテが急に外へ膨れてしまいカシノホルスが被害。
カシノホルスはよく追い込んだが惜しい2着でした。本番でも侮れません。
テイエムアイガテは夏からずっとあの悪癖が抜けませんね。能力は高いのですが……。
このあとJRA登録抹消になっていますので佐賀に移籍して出直してほしいですね。