座布団が行司にクリーンヒット

九州産馬、佐賀競馬、地方競馬、アビスパ福岡を応援しています

今週の九州産結果

ヨシノヒメは4着、マイネルマリクは5着でした。
ヨシノヒメは直線コースでレース内容が良化しました。芝の短い距離が向いているのかもしれません。
マイネルマリクは人気よりは上でしたが、やはりこのクラスではもう少し慣れが必要でしょうか。
また、陣営の話によるとマリクは雨が降って脚抜きのいい馬場になると苦手らしい。
と言うよりも良馬場で力の要る馬場の方が向いているということでしょうね。
これからダートの長距離は自己条件には見当たらず、格上挑戦でブリリアントS(東京ダート2100m)のみ。
ハンデ戦ですし、他に適鞍が見つからないのでこちらに出走してくるんじゃないかと思っています。
得意の東京はもうすぐ閉幕してしまいますからね。その後直線の長い新潟で使うかもしれませんが…。


来週は中ノ岳特別・桶狭間特別にターボフラッシュテレビ愛知OPにテイエムチュラサンが登録しています。
チュラサンはCBC賞だと言われていましたし、ここには出走してくるでしょうか?
レース間隔が開いた方がいいタイプだし、カンカン泣きしそうな感じで斤量は軽い方がいい。
下手にここで好走してCBC賞で重い斤量を背負わされるくらいなら直行の方がいいのですが、
こちらも53キロでまだ走れますからね。メンバー的にも特に強敵はいませんからもしかしたら
出走してくるかもしれないなぁ。夏の目標はアイビスサマーダッシュだと思います。

コスモバルク シンガポール国際航空カップ(国際GⅠ)優勝!

地方競馬所属馬としては史上初の快挙です。おめでとうございました。
海外の芝と日本の芝の大きな違いが、こういった快挙に繋がる事が多いと思うんですよね。
その最たる馬がステイゴールドですよ。あのジリ脚でも届いてしまう芝が香港であり、
コスモバルクがかかり気味に飛ばして先行してもバテない芝がシンガポールだったと。
同じような理由でバランスオブゲームが海外G1を勝てる可能性は大きいと思っているんですけどね。
とにかく嬉しい。コスモバルクと五十嵐騎手おめでとう、お疲れさまでした。

京王杯スプリングCはオレハマッテルゼの完勝

高松宮記念からこのレースに向かってきた馬は過去に勝ち馬がいなかったというのに、すごいですね。
やはり得意コースで得意距離ならばそうは負けないと。完全に本格化したように思います。
少なくとも高松宮記念勝ちは実力だと。これからはG1をいくつも勝てるような馬になってほしいです。

ウインレジェンド 葵S出走前に逸走しながらも4馬身差の圧勝

いや〜、いい馬を任せてもらったな川田騎手。CBC賞以降も騎乗させてもらえるよう頑張れ。

学校

「お前どこ中だよ!?」
という言葉が普通に交わされていたあの時代が懐かしい。
思えば我が二小、二中はあまり良い意味でなく注目されていたような気がする。
ちなみに「○○第二小学校・中学校」だから二中なのではありません。

小学校の頃は集団で遊んでいました。まさに○○団みたいなもんです。
私は兄にずっとついて回っていたので、兄の友だちの集団に入っていたわけです。
ある日、仲の悪い集団とケンカになり、時間と場所を指定して決戦を行ったことがあります。
「絶対に逃げるなよ!」とお互いに言い合い、公園に集まり戦争の始まりです。
お互いに石ころを投げあってました。時には一対一で。私はまだ小さかったから石投げ係。
……本当ですって。そんなことやってたんですよ昔は。
そのグループ同士の大ゲンカに相手の子が泣かされ親に告げ口。回りまわって学校に知れ、
我が家に担任の先生と校長先生がやってきました。ええ、謝らされましたよ。
って言うか内心では「大人の力を借りやがって…」と腹立ちながらも謝りました。

…その先生たちが来ている間。
我が家に勝手に忍び込んだ相手側が、我ら兄弟の宝物であった
赤いツインファミコンのコントローラーの紐線をハサミで切って逃げていました。
………すごいですよね。今そんなことがあったらやったのが子供とはいえ
不法侵入の上、器物破損ですから絶対に補導されますよ。
しかしそれ以上にすごいのがウチの家族達で。
実は先生達には一緒に謝っていたものの心の中では
「子供のケンカに大人が足を突っ込むなんて・・」と思っていたみたいです。
それは先生方も同じで、相手の親が怒ってるからそうしなきゃいけなかったんでしょう。

んで、我が家のツインファミコンの惨状を見て一言。
「アンタたちケンカしたのが悪いんやろ、自業自得タイ。」
んん……。当時それを納得していた俺たち兄弟。
私としては、ファミコンを壊して仕返しなんて、直接来ない臆病者め!と思ってました。
その辺は親も「子供のケンカの範囲内だから」と、相手の子供にも配慮したんでしょうね。
ちゃんと親が電気屋さんに持っていって直してくれましたよ。

最近の親はどうも、ウチの親くらいの度量の大きさが足りないと思うんですよね。
いや、ウチの親は結構やり過ぎというか度量大きすぎるんじゃねえかと思うこともありますが。

あ、学校の話じゃないや。いっか。

ますざぶ公式更新

うおおおお!核地下子さんに勝ったどー!奇跡だ。
相手が弱い時に勝つ。まさに私らしい勝ち方です。これでチームも2回戦へ。
よかったよかった。

気になったのが海外チームのチーム名。湯上谷っ! 湯上谷っ!
湯上谷大好きっ子の私としてはチーム入りしたかった。それくらい好き湯上谷選手。

あと今まで疑問に思っていたことが判明しました。
投稿者のブログもリンクに加えてもらえるかどうかということ。
どうやらOKみたいですよ。リンク集のところで近藤さんからのお許しが出ています。
今ブログを持ってる投稿者はかなりの数に上っているんじゃないですか?
まだリンク集に加えてもらっていないHP保持者の方も含めて
近藤さんにメールしてみてはいかがでしょうか。
私も後でリンクに加えてもらえるようメール送っておきますかね。

今日のますネタ:
『穴党一郎』(本誌の決断サンプル・DJパッション)
あれ?どこかで見たような……。もしかして息子さんのお名前、
ズドーンちゃんとかいう名前じゃないですか?あ、それは弟さんの方。すみません人違い。